マンション売却のコツ

急ぎ!中古マンションを一刻も早く早急に現金化したい時の売却方法

更新日:

事情により「所有マンションを一刻も早く売却して現金化したい!」という人は多くいます。

しかしマンション売却は大きな取引なので、通常だと売却依頼から取引完了まで目安3ヶ月、遅いと半年以上かかることも多々あります。こんなペースじゃ間に合わない! という人はどうすればいいでしょうか?

一刻も早く売却して現金化したい人は、通常の売却ではなく、業者に「買取」をしてもらうという売却方法があります。

買取であれば、一般の買い手を見つける過程をすっ飛ばせるので、最速で契約を進めれば1ヶ月での売却・現金化することも可能になります。スピード第一の人にはベストな売却方法でしょう。

しかし、買取は一般的に「最後の手段」とも言われ、”すぐに売れる”というメリットの裏には”安く買い叩かれる”というデメリットもあります。

概要と注意点をまとめておくので、買取を視野に入れる人はチェックしておきましょう。

 

売却マンションをすぐに現金化できる「買取」とは?

マンションの「買取」とは、そのまま不動産会社に売る(買い取ってもらう)ことです。

一般的なマンション売却では一般の買い手に売るもので買い手を見つけるのに時間と費用がかかりますが、買取であれば不動産会社が直接買い取ってくれるので、”すぐに”そして”確実に”売れることが最大のメリットです。

買取は、売却依頼した不動産会社が自社で買い取る場合もあれば、別の買取業者を紹介(仲介)してくれるケースもあります。

ただし、すべての不動産会社が買取を行っているわけではありません。もし買取を前提で売却するなら、一括査定に出して不動産会社を選ぶ段階で、買取を行っているか確認した方がいいです。

 

買取のデメリットは売却価格が安くなること

買取でマンションを売却する場合、売却価格が安くなることが最大のデメリットです。不動産会社や個々のケースによって違ってきますが、イメージとして通常価格の2〜3割安くらいを覚悟しておくべきです。

あなたのマンションを買い取ってくれる業者は、そのマンションをリフォームするなりして転売に回します。なので、「売れる適正価格」からリフォーム代と転売利益分(=およそ2〜3割)を差し引いた金額で買い取ってくれるわけですね。業者にとっては仕入れ代になるわけです。

通常の仲介価格相場の7〜8割程度で「すぐに」「確実に」売るかどうか、判断が必要になります。

 

査定は必ず4〜5社に依頼すること

もう一つ重要なことですが、買取してもらうにせよ査定依頼は必ず複数社(4〜5社程度)に依頼しましょう。間違っても1社にお願いして、そこに決めてしまわないように。

査定価格は不動産会社によってかなり違うものですし、複数依頼することで不動産会社の間でも競争意識が生まれるので不当な買い叩きも起きにくくなります。

一括査定サービスを使い、必ず複数社で査定をしてもらうようにしましょう。物件情報など入力するだけで依頼完了するので、2〜3分程度で終わります。

無料査定サービスは色々ありますが、有名どころの「イエウール」は大手と地元密着型の両タイプの不動産会社に査定を出してもらえるのでおすすめです。

公式HPイエウールで無料査定してみる(1分程度で完了)

 

まとめ

買取は、仲介で売却する場合に比べて7〜8割くらいの安値で売却することになりますが、早く現金化できるという最大のメリットの他にも、

確実に売却できる

売却にかかる時間と労力がかからない

周囲に売却を知られずに済む

などのメリットもあります。

とはいえ、ほとんどの人にとって一番重要なのは「いくらで売れるか」だと思うので、その意味で買取はやはり”最後の手段”と言えます。可能であれば、買取ではなく通常の仲介を経て売却したいところ。

ただ、各々の事情もあると思うので、こうした売却方法もあるということは知っておいて損はありません。

管理人
買取について、より詳しくは下記記事にまとめているので参考にしてください。

【買収】中古マンションを不動産業者が買取するメリットデメリットと注意点

 

【追伸】自宅マンションがいくらで売れそうか把握していますか?

マンションの売却を検討しているのであれば、まず最初にすることが「査定に出す」ことです。自分のマンションがおおよそどの程度の価格が付くのか分からないと、住宅ローンや住み替えなど計画が立てられません。

査定は無料でできるので損することはないですが、一応マンションを査定してもらうときのポイントが2つあります。

  • 必ず複数の会社に査定依頼して「比較」をすること。
  • 大手と中小のどちらにも査定してもらうこと。

まず、査定依頼は必ず複数社に出すこと。不動産会社によって付ける価格はバラバラなので、それを並べて比較することで相場感が見えてきます。最低でも4社以上には査定してもらいましょう。

そして、査定は大手だけでなく中小にも依頼すること。大手は抱えるデータ数も多いですがマニュアル化されているので機械的に数字を出しがちです。対して地元密着の中小は”狭く深く”であり、地元におけるより細部の内情まで熟知しているので大手には見えない面まで査定に反映してくれます。

近年は、大手も中小も含めて複数社に一括で査定依頼できる「一括査定サービス」があるので、わざわざ複数社にコンタクトする必要はありません。

例えば一括査定サービスの大手「イエウール」では、最大6社への査定依頼がわずか60秒で終わります。

公式HPイエウール

もちろん完全無料です。ひと昔前からは信じられないほど便利な時代になりましたね。

入力も超簡単で、マンション情報を入れるだけですぐに査定開始できます。

もちろん全国対応しているので、地方の人でも安心です。提携している大手中小合わせて1500社の中から対応可能な不動産会社を自動で選択して見積もりを出してくれます。

マンションの目安価格が分からないと売却するもしないも判断できないので、まずはサクッと査定してもらうことから始めましょう。

-マンション売却のコツ

Copyright© マンション売却物語|マンションを売るためのノウハウノート , 2018 All Rights Reserved.