マンション査定・価格設定

中古マンション売却で一括査定サイトを利用する時の注意点

更新日:

マンションを売ろうと思うんだけど、この物件が一体いくらくらいで売れるのか全く分からないときは、「一括査定サイト」を利用するのが一つの手です。

マンション売却をするとき、まず最初にいわゆる「一括査定サイト」を利用する人は非常に多いです。

これはサイト上の入力フォームに物件情報を入力して送信するだけで、複数社の不動産会社から査定価格が返ってくるという仕組み。

マンションの売り主が「その物件がおよそいくらで売れるのか?」という相場を、手元のPCから簡単に知ることができるわけですね。

基本的に査定は無料でできるので、不動産売却を始めるときはまず一括査定に出すのがスタートです。

無料で利用できるので基本使ってみて損はないのですが、一応、一括査定する前に知っておきたい注意点もあります。

今回はその点を解説していきます。

 

査定価格は「売れる価格」ではない

一括査定サイトを使って、10社から査定価格を出してもらったとしましょう。すると多くの人は一番高い価格を出してくれた不動産屋にコンタクトを取ろうとします。

それ自体は間違いなわけではありませんが、多くの人が勘違いしがちなことは、

その(査定)価格で売れると思っている。

という点です。

「え、でもプロの不動産屋が出した価格なのに違うってこと?」と思いますが、その価格で「売れる」なんて一言も言ってないんです。

査定価格はあくまで売り出し時の設定価格

そう。不動産屋が出してくる査定価格は、「売れる」価格ではなく、あくまで「この価格から営業します」という価格に過ぎません。

オークションの逆で「まずはこの価格からスタートします」というイメージ。当然その価格で売れるかは分からず、売れなければどんどん値下げされていきます。

査定価格5000万と出たからと言って、5000万で売れると思ってその後の計画を立てるとかなり痛い目に合うので注意しましょう。

不動産会社は背伸びした高価格をだしてくる!?

査定価格は「その価格で売る」ことを保証する価格ではありません。あくまで「この価格から営業してみます」という価格です。つまり、理屈的には何とでも言える価格です。

不動産屋からしたら、売り主は少しでも高い査定額を出した方になびくことを知っているので、多少実現が難しくとも、売り主を契約を結んでもらうために高い査定価格を出そうとするのは自然なことです。

中には、売り主を「釣る」ためだけに相場から離れた高い査定金額を出してくる悪どい不動産会社もあります。高い金額に釣られてその会社と契約を結んでも、結局売れない期間が続き、頃合いをみて「売れないので値下げしましょう」と提案されます。結局、査定金額に釣られただけ……という結果に。

その辺りの事情は下記記事に詳しく書いていますが、一括査定を使ったときは1番高い査定金額を出した不動産会社は契約候補から除外してもいいくらいです。

管理人
一般的に査定業者が出す最初の査定額は、現実的な見積額より1〜2割ほど高く出す傾向があるようです。

そもそも、査定価格は会社ごとに大きくズレることはないはず

そもそも、不動産屋の担当者が査定価格を出すときに参考にするのは、「レインズ」という日本中の不動産取引情報がまとめられたデータベースの情報です。

レインズは業界関係者だけが閲覧できるデータベース(WEBサイト)で、どの物件が過去にいくらで取引されたかなどの記録が全て残っています。

つまり、どの不動産屋に査定を出しても、みんなこのレインズの情報をもとに査定価格を出すわけなので、基本的にはそこまで価格差がでることはないはずなのです。

ではなぜ、不動産屋によって査定価格が上下するかというと、

  • 売り主の目を引くための見栄
  • 営業マンの腕に自信がる
  • 太い顧客情報を持っている

などなど個々の事情が、レインズを元にしたベース価格にプラスαで上乗せされるからです。

ただ基本的にはレインズ情報(過去の取引実績)から推定価格を導き出すので、各社ごとに「色をつける」ことはあるものの、大体どこも似たような相場になるはずです。

なのに明らかに他社とかけ離れた高額価格を出すような不動産屋は、むしろ避けた方が賢明でしょう。

あまり多くの不動産屋に査定を頼むと多過ぎる営業に悩むので注意

最後にもう一つ、注意というか覚悟しておきたいのは、あまり多くの業者に一括査定してもらうとその後の「ウチで売って下さい!」営業がどんどんかかってくることです。

これがメール営業ならまだマシなのですが、不動産業界は電話営業がスタンダードなところも未だ多いので、最悪の場合はひっきりなしに営業電話がかかってくる地獄になります

マンション売却の一括査定サイトは、手軽に、そして無料で、売却の目安となる価格を知ることができるので非常に便利ですが、今回紹介したようにいくつか注意点もありますので、それを知った上で有効に活用しましょう。

多過ぎず、かといって少なすぎると比較できないので、査定を出すなら4社〜5社くらいを目安にしてみましょう。できれば大手だけでなく地元中小の不動産屋にも査定に出すことをおすすめします。

大手か地元中小か?中古マンション売却で失敗しない不動産屋選びのポイント

おすすめの一括査定サービス

最後に、私の推奨する一括査定サービスですが、一つおすすめするなら大手「イエウール」です。

最大6社への査定依頼がわずか60秒で終わるという手軽さもありますが、大手と地元密着の両タイプの不動産会社に査定を出してくれるのが良いところ。

公式HPイエウール

もちろん完全無料です。ひと昔前からは信じられないほど便利な時代になりましたね。

入力も超簡単で、マンション情報を入れるだけですぐに査定開始できます。

もちろん全国対応しているので、地方の人でも安心です。提携している大手中小合わせて1500社の中から対応可能な不動産会社を自動で選択して見積もりを出してくれます。

記事で書いた注意点を踏まえつつ、まずはサクッと査定してもらうことから始めましょう。

 

-マンション査定・価格設定

Copyright© マンション売却物語|マンションを売るためのノウハウノート , 2018 All Rights Reserved.