特徴別の売却ポイント

告知義務・タイミングは?自殺・事件があった事故物件の売却ポイント

更新日:

自殺や事件があった物件を事故物件といい、一般的には売りにくい物件になります。

しかし、ローンが残っていたり、次購入する物件の資金的なこともあったりと、極端に安く売りたくない人も多いです。

そこで今回は、事故物件を売却する際のポイントを解説します。

事故物件とは?

事故物件とは、一般的にその物件の室内や敷地内で、自殺や事件、事故死などがあった物件のことです。事故物件の定義は明確に定まっているわけではなく、購入者が心理的瑕疵を負うかどうかがポイントになります。

心理的な瑕疵とは、事故物件で起きた出来事によって、「物件に住みたくない」と思うかどうかです。

心理的な瑕疵は曖昧

たとえば、1年前にその部屋で自殺があった物件は、間違いなく事故物件となります。なぜなら、このような部屋は、一般的に「住みたくない」という心理的な瑕疵を受けると考えられるからです。

では、例えば以下のような物件は事故物件と言えるでしょうか?

事故物件と言える?

  • 3つの棟に分かれている大型物件のケース
  • 目の前の道路で事故死があった

以下に詳細を記載しますが、結論からいうと事故物件というべきかどうかは微妙なラインです。

ただし、引渡後に訴訟問題に発展するケースもなくはないので、少しでも事故物件と認定されそうであれば事実を伝えておいた方が良いでしょう。

宅地建物取引業法47条1項では、「取引の判断に重要な影響を及ぼす事項があるとき故意に事実を伝えない行為」を禁止としています。

この「重要な影響を及ぼす」という部分が事故物件の内容であり、広い意味として捉えられるため事故物件の定義は曖昧なのです。

例に出した2つのケースで考えてみましょう。

3つの棟に分かれている大型物件のケース

たとえばA棟、B棟、C棟に分かれている、総戸数800戸を超える大型マンションに住んでいたとします。仮に、5年前にC棟のある部屋で自殺が起こった場合、A棟の部屋を売却するときには事故物件という扱いになるでしょうか。

A棟とC棟は直線距離にして50m以上離れているので、もはや別のマンションと言ってもいいくらいです。しかし、あくまで同じ物件内という扱いになるので、自殺した部屋があると懸念する人はいるはずです。

そのため、事故物件と告知した方が無難というわけです。

目の前の道路で事故死があった

たとえば一戸建てに住んでいて、6年前に家の前の道路で自動車事故があり、1人の男性が亡くなったとします。その際、その男性が横たわっていた部分に敷地の一部があったので、事故物件になるかどうか迷っているという話です。

道路での事故なので関係ないように思いますが、敷地の一部にまたがってしまっているので事故物件と認識する人もいます。

そのため、このようなケースも事故物件と告知した方が無難と言えるでしょう。

事故物件の告知義務は?

先ほどいったように、宅建業法の関係で「取引に重大な事実」がある場合は、買主に告知する義務があります。しかし、事故物件を懸念する人は多いので、告知をすればどうしても相場価格よりも売却価格が下がってしまいがちです。

物件によるので一概には言えませんが、2~3割程度の価格下落はあると思っておきましょう。この辺りは、不動産会社と良く相談して売り出し価格を決める必要があります。

 

事故物件を売却するポイント

このように、事故物件は価格が下がるというデメリットがありますが、そんな事故物件を少しでも高く売却するポイントは以下です。

事故物件売却のポイント

  • 告知するタイミング
  • 早めに売る
  • 価格を下げて売る
  • 更地にして売却する
  • リフォームして売却する
  • 買取を依頼する

告知するタイミング

まず、事故物件であることを買主に告知するタイミングは、買主が来訪して検討が進みそうなときが良いでしょう。

最初の段階で伝えておくべき理由は、

  • 検討が進んでからだと不信感を持つ
  • 値引き交渉が激しくなる

といったところ。

物件の購入検討者は、同じエリアでほかの物件も検討しているケースが多いです。そのため、検討が進んだ段階で告知すると、不信感を募らせ他の物件を検討し始める可能性が高くなります。

また、「最初に言ってくれれば検討しなかった。ほかの検討物件は先に申込を入れられてしまった」という理由で大きな値引き交渉をされる可能性もあります。

早めに売る

事故物件は、とにかく早く売ることは大切です。なぜなら、マンションも一戸建ても売却が長引くほど「売れ残り物件」として認知されるからです。

売れ残り物件と認知されれば、事故物件でない通常の物件でも売りにくくなります。

そのため、事故物件であればなおさら「事故物件だからみんな嫌がるんだな・・・」と思われてしまい、ずるずると売却活動が延びる可能性があります。

価格を下げて売る

また、事故物件は価格を下げて売るべきです。なぜなら、事故物件は集客数が最も大切だからです。

というのも、そもそも「事故物件」という理由で即検討を取り止める人もいるので、まずは事故物件でも検討してくれる人も探さなくてもいけません。

そうなると多くの集客が必要であり、集客を多くする最も効果的な方法が価格を下げて売り出す方法だからです。

相場よりどのくらい下げるかは不動産会社と相談するべきですが、「後から値引けばよい」という戦略で、相場並みで売り出すのは避けた方が良いでしょう。

更地にして売却する

仮に、一戸建ての事故物件を売却する場合は、建物を解体して更地にしてから売却するという方法もあります。仮に、室内で事故死や自殺などがあれば、その建物を取り壊すことで、買主の心理的瑕疵が軽減されるからです。

木造一戸建ての場合、築20~25年を経過していると建物部分の査定額はゼロになります。そのため、築古の場合は解体前提で購入する人も多いため、最初から解体して売却しても売却価格はさほど変わりません。

リフォームして売却する

マンションの場合は解体できないので、リフォームするという方法もあります。たとえば、間仕切壁なども全て取り払い全面リフォームすれば、買主の心理的な瑕疵が多少和らぐこともあります。

ただし、全面リフォームには費用がかかるため、売却するためだけにリフォームするのは避けましょう。

予期せず事故物件になってしまい、将来的に売却することを視野にいれリフォームしたいというときだけにすべきです。

注意点は、前項の解体もそうですが、解体やリフォームしたからといって告知義務がなくなるわけではないという点です。

買取を依頼する

上記のようなポイントを押さえたとしても売れない場合は、不動産会社に買取を依頼すると良いです。

買取とは、不動産会社に仲介を依頼するのではなく、不動産会社に物件を購入してもらうことです。不動産会社は、買い取った物件をリノベーションして売却したり賃貸に出したりします。

ただし、買取する場合には相場価格より売却価格が落ちるリスクを理解しておきましょう。一般的な不動産でも相場価格の7~9割程度まで価格が下がるので、事故物件の場合はさらに下がるリスクがあります。

そのため、複数の不動産会社に査定依頼をして、高く買い取ってくれる不動産会社を探す必要があります。

買取について詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてください。

まとめ

まずは、事故物件の定義は曖昧な点と、告知義務を理解しておきましょう。その後に、売却するポイントを押さえ、どのように売却するかを検討します。

相場価格より売却価格は下がることが多いですが、少しでも高く売るための方法を良く検討することが大切です。

 

【追伸】自宅マンションがいくらで売れそうか把握していますか?

マンションの売却を検討しているのであれば、まず最初にすることが「査定に出す」ことです。自分のマンションがおおよそどの程度の価格が付くのか分からないと、住宅ローンや住み替えなど計画が立てられません。

査定は無料でできるので損することはないですが、一応マンションを査定してもらうときのポイントが2つあります。

  • 必ず複数の会社に査定依頼して「比較」をすること。
  • 大手と中小のどちらにも査定してもらうこと。

まず、査定依頼は必ず複数社に出すこと。不動産会社によって付ける価格はバラバラなので、それを並べて比較することで相場感が見えてきます。最低でも4社以上には査定してもらいましょう。

そして、査定は大手だけでなく中小にも依頼すること。大手は抱えるデータ数も多いですがマニュアル化されているので機械的に数字を出しがちです。対して地元密着の中小は”狭く深く”であり、地元におけるより細部の内情まで熟知しているので大手には見えない面まで査定に反映してくれます。

近年は、大手も中小も含めて複数社に一括で査定依頼できる「一括査定サービス」があるので、わざわざ複数社にコンタクトする必要はありません。

例えば一括査定サービスの大手「イエウール」では、最大6社への査定依頼がわずか60秒で終わります。

公式HPイエウール

もちろん完全無料です。ひと昔前からは信じられないほど便利な時代になりましたね。

入力も超簡単で、マンション情報を入れるだけですぐに査定開始できます。

もちろん全国対応しているので、地方の人でも安心です。提携している大手中小合わせて1500社の中から対応可能な不動産会社を自動で選択して見積もりを出してくれます。

マンションの目安価格が分からないと売却するもしないも判断できないので、まずはサクッと査定してもらうことから始めましょう。

-特徴別の売却ポイント

Copyright© マンション売却物語|マンションを売るためのノウハウノート , 2018 All Rights Reserved.