マンション売却のコツ

マンション売却の内覧時に入念に掃除すべき場所【空室/居住中のケース別】

投稿日:

不動産会社にマンションの売却を依頼したら、購入希望者がいつ内覧見学に来てもいいように部屋の掃除を入念に行い、出迎えてあげる準備をしなくてはなりません。

掃除はハウスクリーニング業者に依頼をするのが一番ですが、予算の都合上それが出来ない場合でも必ず自分で掃除をしましょう。

購入希望者にとっては、ちょっとした汚れが目についただけでも印象がダダ下がりします。人間と同じように、マンションも第一印象が超大事なんです。

そこでこの記事では、内覧時に絶対・入念に掃除しておきたい場所を解説します。

居住中と空室の2パターンを紹介するので、どちらの人も参考にしてください。

空室(住んでいない場合)の綺麗に掃除しておきたい場所

まずは、売却マンションにもう住んでいないケースです。人がいないことで自然と老化して汚くなっている箇所も多いので定期的に訪れて掃除することが大事です。

女性が気にする水回り部分は入念に掃除すること

水回り部分とは、キッチン、トイレ、お風呂場など水を使う部分の事をいいます。

水回り3箇所はとくに女性の方が非常に気にするので、絶対に手を抜いてはいけません(購入の決定権は奥様側が持っている家庭も多いのです)。

キッチンの掃除

キッチン周りは、水垢汚れを綺麗に落とすのはもちろんの事ですが、換気扇も入念に掃除をしておく必要があります。

カバーがあるから見えないだろうと思って安心してはダメ。カバーを外して見えない部分も念入りに掃除を行いましょう。

トイレの掃除

次にトイレですが、可能であれば便座を取り外してから掃除をした方がいいです。便座を置いていた部分というのは本当に汚れが酷いです。こうした汚れが匂いの原因にも繋がります。

トイレの黄ばみ汚れは酸性タイプの洗剤(『サンポール』など)で綺麗に落とせるので、絶対に1度は使用しておきましょう。

お風呂の掃除

お風呂掃除については、キッチン周りと同じように水垢汚れを落とすことは同じですが、排水溝も入念に掃除をして下さい。髪の毛が1本でも残っているだけで印象が悪くなります

また、住んでいない事によって、排水溝の水が蒸発して配管の嫌な匂いが上がってきます。なので定期的に水を排水溝に流すという作業も大事です。

 

玄関先を綺麗にして迎えよう。

玄関先はマンションの顔です。部屋掃除の中で玄関先が一番重要と言ってもいいほど大事。何事も第一印象が命です。

まず玄関のタイル部分は水洗いをして、靴跡一つ残さないようにしましょう。シューズクロークについても、仕切り板を1枚ずつ取り外してしっかりと掃除をしましょう。シューズクロークに靴がどれだけ入るのかというのも購入者にとっては重要なので、高確率でチェックされます。

また室内のフローリングもそうですが、廊下はワックスを使ってピカピカにしておきます。ワックスを使うことで玄関ドアを開けた瞬間に、日の光が反射してフローリングが輝いて見えるからです。

ここまで入念に掃除をした後は、お客様用のスリッパを用意しておきましょう。たったそれだけで好印象を与える事が出来ます。

バルコニー(ベランダ)の掃除

マンションの醍醐味ともいえる部分がバルコニーです。階数が高ければ高いほど、そこからの景色は素晴らしいもの。室内から眺望を眺める人もいますが、結構多くの人が実際にバルコニーに出ていきます。

ここで、バルコニーが汚れていてはせっかくの景色も台無しです。

バルコニーは常に雨風に晒されて汚れやすい部分ですが、内覧時にはリビングから直接バルコニーに足を移せるくらい徹底して掃除を行いましょう。

また、バルコニーの手前にあるサッシも大事です。ここも指紋一つ残らないくらいピカピカに窓拭きを行います。足元には、バルコニー用のスリッパを用意しておくと尚良しです。

内覧者にとっては、バルコニーに出る際にスリッパの状態のまま出てもいいのか一瞬迷いますので、そこを先回りで配慮してスリッパを用意しておくだけで自然と好印象に繋がります。

居住中の場合に綺麗に掃除しておきたい場所

続いては、売却マンションにまだ居住しているケース。あまりに生活感が見えすぎるとマイナス印象ですし、かと言ってまだ住んでいる都合上すべて綺麗さっぱりにはできないので加減が大事です。

部屋の片付けは最低限のマナー

最低限の部屋の片付けというのは、

  • ソファに服や物が置きっ放し
  • ーブルの上に本やチラシが散乱
  • 洗濯物が室内に散乱している
  • 食器が洗われていない
  • 食器が流しに置きっぱなし

という状況だけは作らないレベルです。

内覧者も居住中である事は理解した上で内覧に来ていますが、可能な限りの整理整頓が必要です。

よくありがちなのですが、片付けと称してクローゼットに物を詰め込みまくるのは逆効果です。内覧者は収納スペースもチェックする人がほとんどなので、クローゼットを開けられたら終わりです。収納スペースも綺麗に整頓しておきましょう。

ただ、購入者にとっては生活感がある方が自分が住んだ時のイメージがしやすいので、綺麗サッパリ物を無くして無機質な感じになるのも考えもの。ある程度整理しつつも物が置いてある方が良いですね。

室内は匂い(生活臭)にも配慮を忘れずに

人間は自分の匂いには気づけないのと同様、自宅の独特のニオイにも気づけていません。あなたは気にならなくとも、購入者が居住中に内覧にくれば必ず「生活臭」が鼻につきます

このニオイ(生活臭)には気をつけて下さい。いくら掃除をしたとしても、そこで生活をしている以上は必ず発生していると考えましょう。繰り返しますが、人は自分の匂いには気づけないだけで、ニオイは確実にあるのです。

人間の嗅覚は記憶を司る脳の部分に直結しているので、臭いは記憶とリンクします。ここで嫌な臭いが記憶にしみついてしまうと、その後もマイナスイメージだけを残してしまうので最悪です。

水回りだけではなく室内や玄関先に至るまで、匂いが気になる部分には芳香剤を置いておきます。その上で、部屋の窓を開けて置いた方がいいでしょう。カーテンもブラインドも全てです。

窓を開けておくと外気が流れてくるので、イヤな臭いも飛ばせるほか、開放的な空気になります。

忘れがちな照明器具も掃除・手入れを

意外と忘れがちなのが照明器具です。シーリングライトのカバーには虫やホコリといった汚れが溜まっていき、カバーが黒く見えます。

照明器具はカバーを取り外して汚れをしっかりと取り除いておきます。そして照明を全て点灯した状態で内覧者を迎えてあげること。照明を点けることでショールームのような演出をすることが出来ますよ。

照明はうまく使えば10を100に見せることも可能ですから、使えるものはうまくつかいましょう。

まとめ

内覧に来た購入希望者は、どの部分を見るか分かりません。排水溝の蓋を開けてみる人もいますし、換気扇のカバーをわざわざ取り外してチェックする人もいます。

潔癖の人は世の中かなり多く、「え、そこまで見る?」という部分まで見られることが多いのです。

どんなタイプの人が内覧に来てもいいように、あらゆる部分までチェックされることを想定して掃除をしておくことが大切です。

また繰り返しますが、生活臭には再度気をつけましょう。自分の臭いには気づけないので、ニオイの重大さを甘く見ている人がかなり多いです。

芳香剤など置いた上で、一度近しい人に来てもらってチェックしてもらってもいいです。家の臭いは「体臭」くらいの重要度で対策しましょう。

また掃除以外にも、内覧時のチェックリストは下記記事を参考にしてください。

参考記事マンション内覧に備えたチェックリスト|買い手に好印象を与えるコツとは

参考記事なぜ売れない?マンションの内覧見学はあるのに申込がない原因と対策

-マンション売却のコツ

Copyright© マンション売却物語|マンションを売るノウハウをここに , 2018 All Rights Reserved.